マイクロバス(右下)にトラックが衝突した徳島自動車道の事故現場=25日午後6時56分、鳴門市大津町(共同通信社ヘリから)

 25日夕、鳴門市大津町の徳島道でマイクロバスにトラックが追突した事故で、バスに乗っていた高校生は、富岡西4、城西3、徳島北3、鳴門渦潮2、小松島1の計5校13人と分かった。

 事故は同日午後5時すぎに発生した。バスには高校生13人のほか運転手(30)ら3人の計16人が乗っていた。このうちバスの運転手と女子高校生の計2人の死亡が確認されている。ほかの人たちのけがの程度は分かっていない。生徒たちは神戸市の専門学校に見学に行った帰りだった。

 県警は過失運転致死の疑いで、トラックを運転していた松山市南久米町、菊池誉司容疑者(50)を現行犯逮捕した。

 現場は鳴門ジャンクション(JCT)―徳島インターチェンジ(IC)間。バスが故障したため運転手が路肩に止めて車外に出ていたところ、トラックが突っ込んだという。バスはガードレールを越えて高速道路の斜面に転落した。県警高速隊が詳しい状況を調べている。

 事故の影響で徳島道は鳴門JCT~徳島IC間の上下線で通行止めとなっている。