新型コロナウイルス感染拡大の影響で需要が減っているハウススダチの消費促進に向け、県や農業団体が19日、県内の飲食店にスダチを無料で配り、メニューに取り入れてもらう「徳島すだちキャンペーン」を始めた。徳島ならではの食が楽しめる県認定の「阿波ふうど繁盛店」70店が参加している。

 対象店は、居酒屋や焼き鳥店、洋食店、料亭、ホテルなどで、県のホームページで紹介している。ラーメンやすし、ケーキ、アイスクリームなど、各店舗がスダチの爽やかな香りと酸味を生かして考案したメニューが味わえる。

 JA全農とくしまや県などでつくる「県すだち・ゆこう消費推進協議会」などが企画した。繁盛店計166店に呼び掛け、参加店には協議会が生産者から買い上げたハウススダチを、1店当たり3キロまで無料で提供した。費用は協議会の負担金から支出した。

 キャンペーンは7月3日まで。