映画「youth」をPRする(前列左から)藤井さん、北野さん、杉本さん(後列左から)菱川さん、岡崎さん=徳島新聞社

 徳島を舞台にした青春映画で、10月にイオンシネマ徳島で上映される「youth」のプロモーションのため、監督・脚本の菱川勢一さん、主演で徳島市出身の俳優岡崎森馬さんらが25日、徳島新聞社を訪れた。

 映画は、徳島に住む幼なじみ6人が社会人とは何か、幸せとは何かを問い、答えを探して暴動へと突き進むという内容。予告編が映画の公式サイトで公開されている。

 監督・脚本の菱川さんは、NHK大河ドラマのオープニング映像などを手掛けた映像作家で、神山町にサテライトオフィスを構える「ドローイングアンドマニュアル」の社長。映画は同社の設立20周年記念作品として作られた。神山町や鳴門市など徳島県内で撮影され、多くの県民がエキストラとして参加した。

 プロモーションには共演の杉本知佳さん、北野由依さん、藤井草馬さんも訪れた。インタビューの詳しい内容は、9月の徳島新聞朝刊ニチヤン面で紹介する予定。