四国電力と四国電力送配電は24日、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた生活困窮者に対し、電気料金などの支払い猶予を再延長すると発表した。

 休業や失業で収入が減り、都道府県社会福祉協議会から一時的な資金の緊急貸し付けを受けた人や受けようとする人らが対象。支払期限を3、4月分は4カ月、5月分は3カ月、6月分は2カ月、7月分は1カ月、それぞれ延長する。