マイクロバスに追突した後、路肩で止まったトラック(左側)=読者提供の映像から

 鳴門市の徳島自動車道で25日、路肩に停車していたマイクロバスにトラックが追突し、バスに乗っていた高校生人が死亡、14人が重軽傷を負った事故で、 徳島県警は27日、トラックを運転していた菊池誉司容疑者(50)=松山市=を自動車運転処罰法違反(過失致死傷)容疑で徳島地検に送検した。

 県警は28日、同容疑で菊池容疑者が勤務する運送会社「東西物流」(松山市)と、追突されたマイクロバスの運行会社「阿波中央バス」(阿波市)を家宅捜索する方針。

 東西物流については菊池容疑者の勤務状況や会社の安全管理に問題がなかったか捜査する。

 阿波中央バスについては、車両不備の有無などについて調べるとみられる。

 一方、25日の事故発生直後に後続車が事故現場を撮影したドライブレコーダーの映像が見つかった。