徳島県新型コロナウイルス感染症対策本部会議で6人目の感染者の報告を受ける飯泉嘉門知事(中)ら=26日午前9時すぎ、県庁

 徳島県は26日、徳島市の20代女性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染者は6人目。陽性確認は4月21日以来66日ぶり。県によると、女性は15、16の両日、大阪府に滞在し、ホストクラブを訪れている。県は大阪で感染した可能性が高いとみている。

 女性は大阪から帰県後の17~25日、徳島市内の店舗型風俗店で接客していた。県は同居している男性と、店の男性店長、客が濃厚接触者に当たるとみている。女性が接客した人数は不明。

 女性は店長が運転する自家用車で大阪に行き、16日午前9時50分南海なんば駅発の高速バスで徳島に戻った。帰県後の県内の立ち寄り先は分かっていない。

 女性は20日に発熱やのどの痛みを感じ、25日に嗅覚や味覚に異変があった。このため、帰国者・接触者相談センターに連絡。26日午前0時15分に県立保健製薬環境センターで陽性が確認された。