11月の初舞台に向け練習する「ほう楽★ガールズ徳島」のメンバー=徳島市の県職員会館

 邦楽の裾野拡大や徳島の文化振興を図ろうと、徳島県は、県内の若手邦楽演奏者9人によるアイドルグループ「ほう楽★ガールズ徳島」を結成した。11月に徳島市でコンサートを開き、オリジナル曲などを初披露する。

 メンバーは大学生と会社員ら18~25歳の女性。県邦楽協会や大学邦楽部からの推薦などで選ばれた。楽器別では箏(そう)が7人、三味線と笛が各1人。若い世代に邦楽への興味を持ってもらうことが最大の目的で、メンバーはカラフルな着物や派手な髪型でアピールする。

 28日には徳島市の県職員会館に一部メンバーが集まり、ポスターやチラシに使う写真の撮影や練習を行った。箏を担当する徳島大邦楽部の岩野真理奈さん(18)=総合科学部1年=は「周りはポップスや洋楽を聴く友人が多いが、邦楽の魅力を伝えられるよう頑張りたい」と意気込んだ。

 11月20日にあわぎんホールで開く「ほう楽★ガールズ徳島」コンサート(仮称)が初舞台となる。オリジナル曲やすだちくんのテーマソング「進め!すだちくん」の邦楽バージョンなどを演奏する予定で、メンバーは今後月1、2回集まって練習する。