鈴木さん宅に設置されたシェルター=藍住町勝瑞

 津波や洪水時に避難して身を守れる家庭用シェルターが22日、筋ジストロフィー患者の鈴木雅彦さん(38)=徳島県藍住町勝瑞、NPO法人職員=宅の敷地に設けられた。勤務先のNPO法人が鈴木さんに無償貸与した。

 シェルター「SAM(サム)」は縦、横、高さ各約2・2メートル、重さ約250キロ。住宅メーカーの小野田産業(静岡県)が開発した。難燃性の発泡スチロール製で、水に浮きやすく断熱性にも優れている。車椅子で暮らす鈴木さんに合わせ、壁面に折り畳み式の木製テーブルを取り付けている。災害発生時だけではなく、日常から仕事部屋などとして使う。

 鈴木さんの勤務先で、障害者の自立支援に取り組むNPO法人「JCIテレワーカーズネットワーク」(鳴門市)が約200万円で購入し、貸し出した。同法人のシェルター購入は2基目。

 猪子和幸理事長は「多くの人に知ってもらうためのテストケース。災害弱者の多様な特性に応じられるよう、アイデアなどを開発チームに伝えたい」と言う。

 鈴木さんは「バリアフリーなどが気になる避難所と違い、シェルターは気軽に避難できる。活用して世間に広める一助になれたらうれしい」と話した。