27日午後5時ごろ、徳島県石井町石井の国道で、停留所に止まっていた徳島バスの路線バスに、同町の専門学校生の少女(18)が運転する軽乗用車が追突。軽乗用車の助手席に乗っていた高校1年の妹(15)が胸などを強く打ち徳島市内の病院に搬送されたが、約2時間後に死亡した。少女と、後部座席に乗っていた上板町の親族女性(48)は軽傷。バスに乗客はおらず、男性運転手(44)にけがはなかった。

 徳島名西署によると、現場は片側1車線の直線道路。バスは徳島駅発鍛冶屋原行きで、時間調整のため停留所に停車していたところ、軽乗用車が追突した。