徳島対愛媛 9回裏、徳島1死満塁、山崎が左前にサヨナラ適時打を放つ=JAバンク徳島スタジアム

  四国アイランドリーグplus(IL)の徳島インディゴソックスは28日、徳島市のJAバンク徳島スタジアムで愛媛と対戦し、3―2でサヨナラ勝ちした。徳島は引き分けを挟んで4連勝とし、通算成績は4勝1敗2分け。

 徳島は2―2で迎えた九回、1死満塁で3番山崎がフルカウントから左前に運び、勝負を決めた。二回の先制点は、福原、新城の連続安打などで1死満塁とし、杉本の二ゴロの間に福原がホームを踏んだ。五回には2死一、二塁から岡本の左前打で2点目を挙げた。先発箭内は、八回まで愛媛打線を無得点に抑えていたが、九回に2ランを浴びて追い付かれた。
 

 
愛 媛 0 
徳 島 1×