「特選牛ステーキ弁当」と「限定うなぎの白醤油焼弁当」

 徳島市両国本町にある居酒屋「町家だいにんぐ銀乃介」は14周年の記念と、新型コロナウイルスの影響で低迷する売り上げを確保するため、5種類の弁当を作った。中でも「特選牛ステーキ弁当」と「限定うなぎの白醤油焼弁当」(いずれも税別2千円)がお薦めだ。

 ステーキは牛肉のハラミ150グラムを使用。低温でじっくりとローストして軟らかくし、厚切りでも食べやすい。しょうゆベースのソースで、あっさりとした味に仕上げた。

 ウナギは白しょうゆのたれを付けて、ふっくらと蒸し焼きにした。さっぱりとした味わいで、別添の特製たれをかけて味の濃淡を楽しめる。

 4月中旬から約1カ月半、休業していた。6月から営業を再開したが思うように客足は戻らない。運営するセキモトコーポレーション(徳島市)の関本章広社長(55)は「居酒屋メニューを自宅でも満喫してほしい」と呼び掛ける。

 2個以上の注文で無料配送する。対象地域は徳島、松茂、北島の3市町。他のエリアも相談に応じる。受付時間は午前10時~午後7時。前日までに予約が必要。フリーダイヤル(0120)678495。

徳島飲食店応援キャンペーン「#テイクアウトしようそうしよう」
​URLはこちらhttps://tabeyo-tokushima.net/