吉野川ハイウェイオアシス(徳島県東みよし町足代)を運営する第三セクター・吉野川オアシスは7月4、5日に開くマルシェを皮切りに施設を再開する。新型コロナウイルスの影響で4月25日から全館臨時休業していた。

 マルシェは県内外から菓子や雑貨などを販売する約30店が出店する。イベント広場やふれあい館内にブースを設け、ステージではダンスとアマチュアバンド演奏を予定している。手の消毒、マスク着用など感染対策を行う。

 飲食業の再開は検討中。入浴施設「美濃田の湯」は5月20日から営業している。

 吉野川オアシスの五十畑哲代表取締役は「高速道路沿いでアクセスの良さがメリット。立ち寄る場所ではなく、目的地となる場所にしたい」と話した。