徳島県鳴門市瀬戸町大島田で、大ぶりの鮮やかなピンク色の花を咲かせる古代ハスが次々と開花ししている。

 1951年に千葉県の遺跡で見つかった約2000年前のハスの種子から発芽、開花したことにちなみ「古代ハス」と呼ばれている。

 島田島で咲く古代ハスは、普及を目的に移植された。休耕地の湿地を利用した栽培場所は徐々に増え、今では現地のあちこちで花を咲かせている。