持参したマイバッグに商品を詰める客=徳島市のスカイマート安宅店

 全国のコンビニやスーパーなどの小売店にレジ袋の有料化を義務付ける国の制度が1日、始まった。県内の小売店でも、マイバッグなどを持参してレジ袋の利用を控える客の姿が目立った

 徳島市で4店舗を営業する食品スーパー「スカイマート」では、この日からレジ袋が大きさに関係なく一律3円になった。同市安宅3の安宅店では、マイバッグやマイかご、リュックサックなどを持参する客が増えた。レジかごや発泡スチロールの箱などを客に貸し出す取り組みも始め、普段より8割ほどレジ袋の利用が減ったという。

 安宅店の副店長(48)は「マイバッグの持参者が前日よりかなり多くなって驚いた。レジ袋が有料となった分、商品価格を安くしてお客さんに還元していきたい」と話した。

 マイバッグを持参した同市の40代女性会社員は「レジ袋は家にたまり、ごみになっていた。客の心掛けでプラごみ削減に貢献できるなら良い」。近くの70代男性は「不便だけど、仕方ない。段ボール箱を代わりに持ち帰れるような取り組みが増えればありがたい」と語った。