木村王位(右)と藤井七段

王位戦中継はここをクリック

 

<7番勝負の日程と結果>

第1局 7月1日(水)2日(木) 愛知県豊橋市「ホテルアークリッシュ豊橋」 

第2局 7月13日(月)14日(火) 札幌市「ホテルエミシア札幌」

第3局 8月4日(火)、5日(水) 神戸市「中の坊瑞苑」

第4局 8月19日(水)、20日(木) 福岡市「大濠公園能楽堂」

第5局 8月31日(月)、9月1日(火) 徳島市「渭水苑」

第6局 9月14日(月、15日(火) 神奈川県秦野市「元湯陣屋」

第7局 9月28日(月)、29日(火) 東京都渋谷区「将棋会館」

 

 将棋の木村一基王位(47)に、藤井聡太七段(17)が挑戦する第61期王位戦(徳島新聞社など主催)7番勝負が7月1日に開幕。7回目の挑戦で悲願を達成し、初タイトル獲得最年長記録を更新した木村王位の初防衛戦。若武者・藤井七段が挑戦者に名乗りを上げた。棋聖戦でタイトル戦最年少挑戦記録を更新した勢いに乗り、王位戦でも挑戦権をつかんだ藤井七段が”中年の星“木村王位にどのような戦いを挑むか。年齢差30歳の対決となった将棋界夏の祭典に、日本中の関心が集まる。両対局者に、7番勝負に臨む意気込みを語ってもらった。

木村一基王位 序中盤の意識強く

 昨年、王位を取ることはできましたが、その後は勝率も良くなく、A級からも落ちてしまいました。調子の良い状態を長く続けることの難しさを感じた1年でもありました。

 藤井七段は、意識的に序盤研究に取り組んでいると感じます。作戦負けが見られなくなって、さらに充実していますね。終盤は昔から評判が高く、弱点が見られません。序中盤で差をつけられないように意識して臨みます。

 新型コロナウイルスの影響もあり、実戦を指す機会が減りました。研究会や対局が少なくなってしまったので、実戦に対する勘が戻っているかどうかが懸念材料です。

 藤井七段は6月に入ってから対局が多かったので、その心配はないのでしょう。しかし私なりにできることはやってきたつもりです。昔に研究したことのある作戦を整理したり、流行の戦型をじっくり考えることができました。勉強がおろそかになったとは感じていません。

 7番勝負は2日制の戦いです。当然だと思うような手の中にも考える要素はあって、うまく時間を使うことができればシリーズを通じて実力をアップできると信じています。

 結局は自分の持っている蓄えてきたものをどれだけ盤上に出すことができるかにつきます。昨年は挑戦してたまたまタイトルを取ることができましたが、挑戦者の気持ちで一生懸命やります。そういった姿をぜひ見ていただきたいです。

 きむら・かずき 1973年、千葉県四街道市生まれ。故・佐瀬勇次名誉九段門下。85年、奨励会に6級で入会。97年、四段に昇段しプロ入りした。2002年、新人王戦優勝。11年、朝日杯将棋オープン戦優勝。17年、九段昇段。19年、王位獲得。7回目のタイトル挑戦で悲願を達成し、初タイトル獲得の最年長記録を更新した。「千駄ケ谷の受け師」の異名を持つ居飛車党。

藤井聡太七段 初の2日制に意欲

 王位戦ではこれまでリーグに入ることもできなかったので、まずリーグ入りを目標にしていました。初めてのリーグ戦では苦しい将棋も多くありました。そんな中でも粘って指してきたことが挑戦につながったのかなと思っています。

 木村王位と公式戦で対戦したことはありませんが、積極的な将棋を指されている印象があります。特に近年の木村将棋は、受けと攻めどちらにおいても積極的で、充実しているのを感じます。私も積極的に指していきたいと思います。

 7番勝負は長い戦いなので、戦型選択などの作戦はある程度考えて臨みます。私は時間があればあるだけ考えたいタイプ。ですから持ち時間が8時間ある2日制の将棋を指せることはうれしいです。ミスをしないようにしっかり指していきます。

 緊急事態宣言中、特に今までの勉強方法を変えたということはありません。まとまった時間ができたのでじっくり研究することができたと思っています。いまは序中盤に課題が多いと感じているので、その部分を克服できるようにしています。

 7番勝負の対局場の中には初めて訪れる場所もあります。訪れることをいまから楽しみにしています。第1局は地元・愛知県での対局です。いいスタートを切りたいと思います。

 全力でぶつかっていくことだけを考えて対局に向かいます。挑戦手合を自分自身が成長できる機会にしたいですね。

 ふじい・そうた 2002年、愛知県瀬戸市生まれ。杉本昌隆八段門下、12年、奨励会6級で入会。16年、四段に昇段しプロ入り。16年から17年にかけ、デビューから29連勝で連勝記録を更新。18年、朝日杯将棋オープン戦、新人王戦優勝、七段昇段。19年、朝日杯将棋オープン戦連覇。20年、棋聖戦挑戦者となりタイトル戦最年少挑戦記録を更新。詰め将棋で鍛えた鋭い終盤力を持つ居飛車党。