ボートの日本代表チームの強化合宿で、ダブルスカルの練習をする軽量級女子の冨田千愛(手前)と大石綾美=3日、福井県内

 ボートの日本代表チームが3日、福井県美浜町で実施している強化合宿を報道陣に公開した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で4月から休止した代表活動は6月20日に感染予防策を徹底して再開。軽量級ダブルスカルで東京五輪出場を目指す女子の大石綾美(アイリスオーヤマ)は「時間をかけて、チームとして一つのものをつくっていきたい」と力を込めた。

 水上練習はダブルスカルでも行われた。大石と組んだ女子の冨田千愛(福井県スポーツ協会)は「普通の練習ができるのは、かけがえのないことだと感じた」と充実感をにじませ、大石は「一つ一つ課題を見つけ、つぶしていければ」と意欲的に語った。