大雨特別警報が発表された熊本県と鹿児島県では、計9市町村が避難指示を出した。対象は計約3万5千世帯、約7万5千人。