4日の徳島県内は前線や湿った空気の影響で局地的に激しい雨が降り、交通機関が乱れた。徳島地方気象台によると、午前10時までの24時間雨量は、那賀町木頭和無田152ミリ、美波町日和佐144ミリ、海陽町141ミリ、三好市東祖谷京上131ミリだった。4日に予想される1時間降水量は、いずれも多い所で北部30ミリ、南部40ミリ。

 JR四国は、牟岐線の阿南-海部駅間で運転を見合わせている。一時不通となっていた土讃線の阿波池田-高知駅間の特急と大歩危-土佐山田駅間の普通列車は午後1時ごろ再開した。

 県は国道438号のつるぎ町一宇桑平~三好市境と美馬市木屋平川井~見ノ越、国道193号の那賀町平谷~海部郡境と出合~平谷、国道195号の平谷~高知県境と出合~小浜、県道日和佐上那賀線と県道木沢上那賀線の一部区間を全面通行止めにした。