4日、ロンドンで営業再開した理髪店の前で列を作る人々(ロイター=共同)

【ロンドン共同】英国の新型コロナウイルス対策で休業状態が続いていたパブやレストラン、ホテルなどの営業が4日、約3カ月半ぶりに解禁された。夏の休暇シーズンを踏まえた規制緩和だが、感染再拡大を防ぎながら、既に大打撃を受けている経済を活発化できるかどうかが課題になる。

 解禁は、国内人口の大半を占めるイングランド限定で、対象には、映画館やカフェ、屋外のジム、理髪店も含む。

 営業再開に当たっては、衛生管理をはじめとする政府の指針に沿った安全対策の導入が条件。政府は博物館や美術館も営業再開の対象に加えたが、大英博物館は再開日を明らかにしていない。