プールで泳ぐイワンを撮影する来園者=徳島市のとくしま動物園北島建設の森

 徳島市のとくしま動物園北島建設の森で4日、新たに仲間入りした雄のホッキョクグマ「イワン」(19歳)の一般公開が始まった。

 イワンはホッキョクグマ舎内を歩き回ったりプールに潜ったりして元気な姿を披露。訪れた親子連れらは「よく来たね」と声を掛け、写真を撮っていた。家族で訪れた助任小学校1年呉羽大志郎君(7)は「ポロロより大きい。会えてうれしい」と話した。

 イワンは体長2・2メートル、体重390キロで、ロシア生まれ。北海道旭川市の旭山動物園からの貸し出しで5月20日に来園した

 公開は午前9時~正午。その後は閉園の午後4時半まで、雌のホッキョクグマ「ポロロ」(7歳)が見られる。