4日午前7時ごろ、鳴門海峡付近の海域で、徳島市の貨物船「第一天照丸」(長さ75メートル、船長ら乗員4人)が漂流していると、近くを航行していた船から徳島海上保安部に通報があった。保安部の巡視船「よしの」が松茂町の粟津港沖までえい航して救出。けが人はいなかった。

 第一天照丸は午前4時半ごろ、何らかの原因で燃料を発電機やエンジンに送るタンクが空になり、無線や動力機器が停止した。油の流出はない。2日に東京・お台場を出発し、銅516トンを香川県の直島に運ぶ途中だった。