気象庁の杉本悟史主任予報官は、7日にかけて西日本の梅雨前線付近で、局地的な豪雨をもたらす「線状降水帯」が形成される恐れがあるとの見方を示した。予想雨量を超える可能性もある。