対戦形式の打撃練習をするエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)

 【アナハイム共同】米大リーグは5日、各地でキャンプが行われ、エンゼルスの大谷が本拠地アナハイムで同僚投手と対戦形式の打撃練習に臨み、28球で3本の安打性の当たりを放った。投手としては約50メートルの距離でキャッチボールをこなし、7日(日本時間8日)に一昨年の右肘手術後初の実戦となる紅白戦に登板することが決まった。

 ツインズの前田は同僚相手の実戦形式で初登板し、3回で約50球を投げ込んだ。マリナーズの菊池はブルペンで48球を投げた。8日(同9日)に対戦形式で登板する。新型コロナウイルスの検査結果待ちとみられる同僚の平野は少なくとも午前の練習は不参加だった。