会員制交流サイト(SNS)で知り合った男性に暴行を加えて現金を奪ったとして、強盗と傷害の両罪に問われた徳島市の元徳島市臨時職員の無職の男(34)の判決公判が6日、徳島地裁であり、藤原美弥子裁判長は懲役2年10月(求刑同6年)を言い渡した。

 藤原裁判長は判決理由で、強盗罪は成立しないとする弁護側の主張について「共犯者と2人がかりで被害者を暴行し、反抗できない状態にした上、脅迫に便乗して現金を奪った」として退けた。

 被害者の財布内の現金を奪うだけでなく、コンビニに移動して金を引き出させており、「犯行は執拗(しつよう)で悪質」とした。

 判決によると、徳島市の無職の男(21)=強盗と傷害の両罪で服役中=と共謀し、2019年8月10日未明、同市応神町の飲食店駐車場で板野郡の20代男性に暴行を加えて2週間のけがを負わせ、現金1万円を奪った。さらに藍住町のコンビニの現金自動預払機(ATM)で現金を引き出させ、7万5千円を奪った。