北海道の新千歳空港の運営会社によると、6日午前、2度にわたりシステムがドローンの電波を感知した。午前10時50分から安全確認のため、航空機の離着陸を11分間停止するなどし、計9便が最大で約25分遅れた。