キャッチボールするエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)

 【アナハイム共同】米大リーグは6日、各地でキャンプが行われ、エンゼルスの大谷が本拠地アナハイムで約80メートルの遠投やキャッチボールを行い、一昨年の右肘手術後初の実戦登板となる7日(日本時間8日)の紅白戦に備えた。

 レイズの筒香、レッズの秋山はともにフリー打撃と守備練習をした。マリナーズの菊池は投内連係などをこなし、同僚の平野は姿を現さなかった。

 頭部に打球を受けているヤンキースの田中はトレーニング用の自転車を約20分こいだ。カブスのダルビッシュは軽めに調整した。