愛媛県今治市の有津港で昨年10月、徳島県鳴門市の海運会社の貨物船(374トン)が岸壁に衝突する事故があり、今治海上保安部が、必要な免許を持った乗組員を乗せていなかったとして、船舶職員及び小型船舶操縦者法違反の疑いで男性船長(56)=同市=を書類送検していたことが7日、分かった。

 書類送検容疑は昨年10月24日ごろ、必要な6級海技士の免許を持った機関長を乗り込ませていなかった疑い。操縦を誤ったとして業務上過失往来危険容疑で甲板員も書類送検した。書類送検はいずれも4月10日付。(共同)