厚生労働省の精神疾患に関するウェブサイトで、性同一性障害を「病気」とする記載があり、インターネット上の批判を受け厚労省が文言を削除したことが8日、分かった。