ブライトン戦の終了間際に途中出場しボールを追うリバプールの南野(左から2人目)=ブライトン(共同)

 【ロンドン共同】サッカーのイングランド・プレミアリーグで8日、リバプールの南野拓実はアウェーのブライトン戦に後半42分から出場した。チームは3―1で勝った。ニューカッスルの武藤嘉紀は敵地のマンチェスター・シティー戦の後半39分からプレーし、リーグ再開後初出場。チームは0―5で大敗した。