WEリーグのロゴ

 日本サッカー協会(JFA)は9日、来年9月に始まる女子プロリーグ「WEリーグ」を運営する法人の初代代表理事に元女子日本代表選手で、米金融大手で要職を務めた岡島喜久子氏(62)が就任すると発表した。代表理事の呼称は性別の区別がない「チェア」となる。

 東京都出身の岡島氏は1979年度の第1回全日本女子選手権(現皇后杯)で優勝したFCジンナンでプレー。JFA傘下にあった日本女子サッカー連盟の事務局長も務めた。シンガポールや米国の金融機関での勤務歴が長く、91年からは米国に在住している。