徳島県警

 徳島県警は9日、阿南市の20代男性と吉野川市の40代女性が架空請求詐欺で計約114万円をだまし取られる被害に遭ったと発表した。

 捜査2課によると、男性のスマートフォンに6月25日、男から「有料サイトの登録料の未納金を払わなければ、会社が訴訟を起こすと言っている」などと電話があった。男の指示に従って阿南市内の銀行の現金自動預払機(ATM)で約34万円を振り込んだ。

 女性のスマホには7月7日に有料サイトの登録料の未納を知らせるショートメッセージが届いた。連絡先に電話をすると、大手通信関連会社をかたる男から「未納金を払わなければ家族のクレジットカードが止められる」などと言われた。8日までに県西部の3カ所のコンビニで計80万円分の電子マネーを購入し、ID番号を伝えた。