徳島労働基準監督署は9日、徳島県吉野川市の「阿波バラス」と同社の30代男性工場長を労働安全衛生法違反の疑いで書類送検した。

 3月24日、同市の同社工場で、荷物にロープを巻いてクレーンでつり上げられるようにする「玉掛け」の作業を、無資格の工場長に従事させたとしている。鉄板の束をトラックから地面に降ろす際、ワイヤロープが切れて鉄板が落下し、30代男性従業員が両脚を負傷した。