Zoomを使った演劇公演の稽古に励む沖侑果さん

 STU48、岡山県出身の沖侑果です。今回は4、5日に行われた、ビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」でメンバーの自宅をつないで演劇公演をお届けするZoom劇場「最後のパス」についてご紹介させてください。

 新型コロナウイルス対策でSTU48でも公演や握手会の中止や延期が続いていましたが、STU48号での無観客公演が7月から再開されることが決まり、それを記念してZoom劇場が開催されることになりました。

Zoomを使った演劇公演の稽古に励む沖侑果さん

 出演者は岡山出身の私と内海里音(りね)ちゃん、香川出身の福田朱里(あかり)さんと榊美優さん、川又あん奈ちゃんの5人です。STU48メンバーだけで演劇の公演を行うのも、リモートで演技するのも初めての経験だったのでとてもドキドキしました。

 「最後のパス」は、岡山にある高校の弱小バスケットボール部を舞台にしたヒューマンストーリー。頂いた台本のせりふは全て標準語で書かれていて、自分たちで岡山弁に直さないといけなかったので香川出身メンバーは苦戦したと思います。

 私は岡山出身なのですが、家族以外とは標準語で話しているので方言指導を先頭に立って引っ張ることはできませんでした。代わりに里音ちゃんが岡山弁でメンバーを引っ張ってくれて、とても頼もしかったです。