通学中の高校生(左)に交通安全を呼び掛ける署員ら=小松島市中田町

 1日に徳島県小松島市中田町で自転車に乗った男子高校生が車と衝突して亡くなった事故を受け、小松島署などは10日、事故現場周辺で交通安全を呼び掛けた。

 署員や地元のボランティアら20人ほどが参加。現場付近を自転車で通る高校生や会社員らを呼び止め、交差点進入時に左右の安全確認をするよう促すチラシやマスクなど100セットを配った。沿道では、列になって看板やのぼり旗を掲げ、ドライバーに交通安全を呼び掛けた。

 丸岡敏宏交通課長は「梅雨時期は路面が滑りやすく事故につながりやすい。安全運転を心掛けて」と話した。