【ソウル共同】韓国の首都ソウル市で9日に行方不明となり、10日未明に市内の山中で遺体が見つかった朴元淳市長(64)について、韓国警察は10日、「他殺の疑いはない」として自殺と断定した。聯合ニュースが報じた。ソウル市は10日、朴氏が書いていた遺言状を公開。謝罪や埋葬についての希望が書かれていた。

 韓国メディアは9日、朴氏の元秘書の女性が朴氏からセクハラを受けたとして失踪前日の8日に警察に告訴状を提出していたと報道。警察は10日、告訴状受理を認めた。警察は告訴と関係があるかどうかを含め、自殺の動機を慎重に調べている。