約5メートル下の民家敷地に転落した乗用車=三好市井川町井内東、午後6時ごろ

 10日午後4時40分ごろ、三好市井川町井内東の市道で、女性介護職員(39)=同市=運転の乗用車が縁石を乗り越えて転落し、約5メートル下の民家に突っ込んだ。後部座席に座っていた近くの男性(83)が全身を強く打ち、愛媛県四国中央市内の病院に搬送されたが、約2時間20分後に脳挫傷で死亡した。女性は軽傷。

 民家は屋根の一部が壊れたが、中にいた無職男性(56)と母親(79)にけがはなかった。

 三好署によると、市道は急な坂道で、乗用車は後ろ向きで縁石を乗り越え約2・9メートル下の道路に落ちた。弾みでさらに2・3メートル下にある民家の屋根にぶつかった。女性は三好市内のデイサービス施設から男性を自宅に送り届ける途中だった。