『世にも奇妙な物語'20秋の特別編』に出演する(左から)広瀬すず、濱田岳、高橋克実、大竹しのぶ(C)フジテレビ

 女優の広瀬すずが今秋放送される『世にも奇妙な物語’20秋の特別編』内オムニバスドラマ『イマジナリーフレンド』に主演することがわかった。先日、放送された『夏の特別編』の姉・広瀬アリスに続き、姉妹で連続出演が実現。広瀬は「すごく長く続いている番組で、しかも今回姉は夏編に出ているので、姉妹で出演できるということで、ありがたいですし、すごく楽しみです」と期待を寄せている。

【写真】白の可憐なワンピースを身にまとった広瀬すず

 1990年4月にレギュラードラマとして放送を開始し、今年で30周年という大きな節目を迎えた同番組で、よりいっそう力の入った今回、広瀬のほか、濱田岳、高橋克実、大竹しのぶの4人が主演することになった。

 まず、 鈴木祐斗氏の『ロッカールーム』(集英社『少年ジャンプ+』)が原作となっている『コインランドリー』で、うだつの上がらない青年・橋本学を演じるのは濱田。そして、物語の中で重要な役割を担うキーパーソンの清掃員を、ものまねタレントのコロッケが怪演する。濱田は「歴史の長いこの番組に、また呼んで頂けたことを本当にうれしく思っています」と起用に喜びを明かす。

 チョモランマ服部原作の『アップデート家族』(集英社『ジャンプルーキー!』)を映像化する『アップデート家族』で一家の父親役を高橋克実が、その娘役を吉川愛が演じる。これまでも何度か同シリーズに出演歴のある高橋は「『久しぶりだな』というひと言でした。ただ、尺を聞いて『そんなに短いの?』とびっくりしました」と語る、その全貌にも注目。

 最後に『タテモトマサコ』の主演を務めるのは、大竹。そして大竹演じる主人公・館本雅子の同僚役は成海璃子が演じる。大竹は「前回出演してから11年経っていたことに、まずは驚きました。独特の世界観のあるドラマに出演出来てうれしいです」とコメントを寄せた。

 編成企画の渡辺恒也氏は「30年目の『世にも奇妙な物語』ということで、夏・秋の2回分8作品を一気に企画し、撮影することができました。夏に引き続いて、孤独や怒り、悲しみ、虚栄心といった、人の持つさまざまな感情を描いた珠玉の4作品に、豪華なキャストをお迎えしてお送りする秋の特別編をお楽しみに!」とアピールしている。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。