プロ野球西武の松坂大輔投手(39)が頸椎の手術をしたことが12日、関係者の話で分かった。右手のしびれなどを感じていた。順調に回復すれば、シーズン終盤での復帰が可能だという。