女性がはねられた現場付近を調べる三好署員ら=三好市池田町中西

 12日午後1時50分ごろ、徳島県三好市池田町中西のJR土讃線で、近くの無職女性(84)が阿波池田発高知行き普通列車にはねられた。女性は全身を強く打ち、頭の骨を折るなどして約1時間半後に死亡した。乗客4人と女性運転士にけがはなかった。

 三好署とJR四国によると、現場は県道の三好橋東詰の下付近。緩やかなカーブで踏切や柵はない。女性は周辺で草刈りをしており、西側から自宅の方へ線路を横断しようとしていた。運転士が気付いて警笛を鳴らしたが、女性は線路上に倒れ込み、ブレーキをかけたものの間に合わなかったという。

 列車は現場に約1時間20分停車。特急、普通列車上下4本が運休(部分運休含む)したほか、上下5本が最大77分遅れて約700人に影響が出た。