捕獲されたサーバルキャット=静岡市葵区(静岡市提供)

 脱走したサーバルキャット(撮影日時不明、静岡市動物指導センター提供)

 静岡市動物指導センターは13日、人に危害を加える恐れがある特定動物でネコ科の「サーバルキャット」1頭を同市葵区内で捕獲したと明らかにした。6月27日に葵区内の男性宅のおりから脱走していた。捕獲後、おりに戻す際に飼い主の男性が右手の指をかまれ、軽いけがをした。

 センターによると、13日午前10時半ごろ、男性宅から約1~2キロ離れた葵区薬師の茂みにいるのを、男性や警察官が見つけ、捕獲した。センターは脱走後、捕獲器を置くなどしていたが、13日朝に付近での目撃情報が寄せられたという。

 脱走したのは体長約70センチの1歳の雄。