奈良県と奈良市は13日、県内の20~50代の男女4人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。12日にも5人の感染を公表した。いずれも軽症や無症状で県内の感染確認は118人となった。

 県は13日、大和郡山市の佐川急便奈良営業所で、県内初のクラスター(感染者集団)が発生したと明らかにした。従業員の感染が相次いでおり、ドライバー2人を含め、同日までの感染者は計9人となった。

 13日に発表された4人のうち2人はこの事業所の従業員。残る2人は、感染が確認されている20代男子大学生の母親の50代女性会社員と、大阪市内で勤務する40代男性会社員。