菅義偉官房長官(左)、東京都の小池百合子知事

 新型コロナウイルスの新規感染者の増加傾向について、菅官房長官と小池東京都知事が舌戦を繰り広げている。菅氏は感染者の増加を「東京問題」と表現し、東京都の対応に不満を示す。小池氏は政府の経済活性化策を挙げて「むしろ国の問題だ」と反論している。

 菅氏は11日、北海道千歳市での講演で、「圧倒的に『東京問題』と言っても過言ではないほど、東京中心の問題になっている」と語った。

 一方の小池知事は13日「逆に圧倒的に検査数が多いのが東京だ」と記者団を前に反発した。観光割引を22日に始める政府の対応に触れ「冷房と暖房の両方をかけることにどう対応すればいいのか」と皮肉った。