[イカダ]<ウチノ海>23日、水温15度。ヤカタでサヨリを狙った人が26~35センチを85匹。近くで2人が160匹。別の人らも各自10~50匹。ヨウセイエビを餌に40、55センチのスズキ2匹。沖アミを餌にフカセ釣りで65センチのマダイ1匹。

 [磯]<福村>23日、昼ごろから南の風が吹いたが穏やか。水温14度。一番はホロロで30~45センチのチヌ7匹と20、35センチのマダイ2匹。胴で30~45センチのチヌ10匹。二番東でも33~44センチを10匹。

 <中林>23日、10時ごろから南の風が吹いた。エンバエチギレで40、43センチのチヌ2匹。

 <兵庫・沼島>22日、ハリメーカーファングループ徳島支部の第3回目の大会が行われた。42人が参加しチヌ3匹までの重量を競った。ヤカタで徳島市の湊川貴史さんが5100グラムで1位。中磯で小松島市の出張雅彦さんが4990グラムで2位。黒ハエで那賀町の中田清文さんが4955グラムで3位。各所で35~43センチを主体に30~48センチが1~17匹釣れていた。対象外ではマダイの釣果もあった。場所によって差があり、アタリのない磯やかけても海藻に潜られ取り込めない磯もあった。浅場では満ち潮に集中して釣果があり深場では引き潮になって釣果が伸びたようだ。

 [波止]<津田沖ノ一文字>23日、昼前から南の風が強く吹きだした。コーナー付近で35~48センチのチヌ5匹と35センチのアブラメ1匹。近くで35センチのチヌ2匹。少し離れた所で同型を2人が1、2匹。近くでも36、38センチを2匹と50センチのカンダイ1匹。白灯付近でもチヌ2匹。

 <香川・荘内半島>23日、消波ブロック周辺は潮が定まらなかった。7時半から9時間半、山口魚影会の山田利明さんら4人が26~43センチのチヌ50匹余りと24センチのグレ1匹。

 <高知・室戸>23日、西海岸でアジを餌に取り込みにはヤエンを使い1・6、2キロのアオリイカ2匹。近くで餌木を投げた人も1・5キロを1匹。

 <中林漁港沖ノ消波ブロック>22日、沖向きでサオを出した徳島市の岡田克己さんが40~47センチのチヌ6匹。内向きは37センチを1匹。近くでも37、43センチを2匹。

 [船釣り]<高知・行当沖>23日、緩い上り潮で水温22度。2人が50~75センチのマダイ28匹と80センチのメダイ1匹。22日は、50~70センチのマダイ17匹と70センチのメダイ1匹。(県釣連盟報道部)