ビヨンセが脚本・監督・製作総指揮を務めたビジュアル・アルバム『ブラック・イズ・キング』7月31日よりディズニープラスで世界同時配信(C) 2020 PARKWOOD ENTERTAINMENT

 ディズニー映画『ライオン・キング』(2019年)の全米公開から1周年を記念し、24回のグラミー賞に輝いたビヨンセが脚本・監督・製作総指揮を務めたビジュアル・アルバム『ブラック・イズ・キング』が、今月31日よりディズニー公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」にて世界同時配信される。日本国内では同日午後4時より配信される。

【画像】ビヨンセのアーティスト写真

 『ブラック・イズ・キング』は、 ビヨンセが昨年リリースしたアルバム『ライオン・キング:ザ・ギフト』の音楽をベースに、アルバムに関わったアーティストたちやスペシャルゲストも参加し、黒人の歴史、体験を世界に届ける、“伝記”と呼べる長編作品。

 本来の自分自身を追い求める現代の若者たちに、『ライオン・キング』の教えをビヨンセが伝えるもので、多様性豊かなキャストとスタッフたちの絆によって、1年の歳月をかけて製作された。

 代々続いてきた黒人たちの伝統を、ある若き王が経験する裏切り、愛、自らのアイデンティティに満ちた驚きの旅の物語を通して、誇りをもって映し出す。彼は先祖の導きにより運命と向き合い、父の教えや愛に育まれた子ども時代のおかげで、故郷に帰り王座を取り戻すのに必要な資質を身につけていく――現代を再建し、後世に伝えていく世代のための物語。

 なお、この作品は、歌唱シーンでは英語音声のみとなり、歌の間のせりふ部分のみ日本語字幕が付く。詳細は、決定次第、公式サイト等で案内がある。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。