アニメ『呪術廻戦』に出演する(左から)小松未可子、内山昂輝、関智一

 10月よりMBS/TBS系“スーパーアニメイズム”枠にて放送されるテレビアニメ『呪術廻戦』の追加キャスト&呪術高専2年生キャラクターの設定画が15日、公開された。禪院真希役を小松未可子、狗巻棘役を内山昂輝、パンダ役を関智一が担当する。

【画像】3人が演じるキャラ設定画!真希の美脚は健在!

 出演が決まり小松は「真希を演じるうえで乗り越えなければならない壁として、姉妹の確執が大きく立ちはだかると思います。そのシーンは原作を読んでいてもとても印象的でしたので、アフレコがとても楽しみです。彼女の表立って見える強さや荒々しさ。その背景にある境遇を丁寧に演じられたらと思います」と意気込み。

 内山も「収録に参加するのはまだこれからなので、きっちり原作を読み込みつつ、スタッフの方々の意見を聞いて演じていこうと思います。原作ファンの期待の上をいく、そして、まだこの作品を知らない方々をも惹きつけるような、魅力溢れるアニメにするために頑張ります」と意欲。

 一方、関は「見た目はパンダでありながら、人間的な常識を持ち合わせる存在。そのギャップを大切にしながら、自分らしさも僅かに加えて演じていきたいと考えております。一言で申し上げますと演じるのが楽しみです」と喜んでいる。

 同作は、『週刊少年ジャンプ』で連載中の同名漫画が原作で、コミックスはシリーズ累計650万部を突破している人気作。ある強力な「呪物」の封印が解かれたことで、高校生の虎杖悠仁が、呪いをめぐる戦いの世界へと足を踏み入れるダークファンタジー。

■キャスト情報
虎杖悠仁:榎木淳弥
伏黒 恵:内田雄馬
釘崎野薔薇:瀬戸麻沙美
五条 悟:中村悠一
両面宿儺:諏訪部順一
禪院真希:小松未可子
狗巻 棘:内山昂輝
パンダ:関智一


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。