曇らない布マスク(中央)を開発したアイクラフトの後藤代表(左)とボストン屋の高橋さん=徳島市徳島本町2のアイクラフト

 徳島市の眼鏡店「アイクラフト」(徳島本町2)とオーダースーツ専門店「ボストン屋」(両国本町2)は、眼鏡が曇らない布マスクを考案した。息が目元に上がるのを防ぎ、顎の下から抜けるようにした。オンラインショップなどで販売している。

 商品名は「メガネマスク」。素材には吸水速乾性に優れたポリエステル生地を採用し、夏でも快適に着用できる。長時間着用しても肌触りが良く、洗濯してもすぐ乾くという。

 アイクラフトの後藤直宏代表が顧客から「マスクをしても曇らないレンズはないか」と相談を受けたのがきっかけ。「曇らないマスクがあればどんな眼鏡を掛けても困らない」と思い立ち、マスク作りの経験のある旧知のボストン屋に共同開発を持ちかけた。ボストン屋のテーラー高橋絵奈さんが後藤さんのアイデアを基に、試作を20回以上繰り返して仕上げた。

 色はネイビー、ストライプ、白の3種類。S、M、Lの3サイズがあり、1枚2200円(税込み)。両店の店頭や、アイクラフトのオンラインショップ(https://eyecraft.base.shop)で販売している。