新たなグループ名で再出発することを発表した欅坂46 Photo by 上山陽介

 アイドルグループ・欅坂46が16日、昨年9月の東京ドーム公演以来10ヶ月ぶり、今年1月23日に“絶対的センター”平手友梨奈が電撃脱退して以来初となるライブを無観客&配信で行い、欅坂46としての5年間の活動に幕を下ろし、新たなグループ名で再出発すると発表した。以下、キャプテン・菅井友香がライブ終盤に発表した5分45秒にわたる声明全文。

【ライブ写真】欅坂46ラストシングル! 1年半ぶり新曲初披露



欅坂46を応援していただきありがとうございます。そして、配信ライブをここまで観てくださり本当にありがとうございます。

久しぶりのライブですし、いつも支えてくださる皆さんに、久しぶりに私たちの元気な姿と、楽曲のメッセージ、バワーをお届けしたいという一心でパフォーマンスさせていただきました。皆さんには届いていますでしょうか?

そして、ここで私たちから皆さまにお伝えしたいことがあります。私たち欅坂46は、この5年間の歴史に幕を閉じます。そして欅坂46とは前向きなお別れをします。

10月に予定している欅坂46のラストライブにて、欅坂としての活動に区切りをつけさせていただきます。そして、新しいグループ名となり、生まれ変わります。

もちろん、この決断をすぐに受け入れられるメンバーばかりではありませんでした。私たち自身も欅坂46に対する思い入れがすごく強いですし、ここまでハンパな気持ちでこのグループとして続けさせていただいてきたわけではありません。

私自身も、大好きな欅坂46をずっとずっと守ることができたらなと思って活動してきました。でも…でも、このグループとしてもっともっと強くなるための決断だと、今日までスタッフの皆さん、メンバーみんなと話し合った結果、今は前を向いています。

欅坂46だからこそかなえられた夢がたくさんありました。今ここにいないメンバー含めて、みんなでかなえられたこと、そして応援してくださる皆さまがいてくださったからこそかなえられたことがたくさんあります。

心強いメンバーやスタッフの皆さん、そしてすてきな楽曲、そして本当にすてきなクリエイターチームの皆さま、そして数え切れないぐらいの応援してくださる皆さまと出会えたことは本当に誇りです。

本当に今まで、欅坂46に出会ってくださって、欅坂46を好きになってくださって、欅坂46を支えてくださって、本当にありがとうございました!(メンバー全員で「ありがとうございました」と一礼)

たくさん楽しい思い出があった一方で、正直悔しい思いもたくさんしてきました。なかなかこの2年は特に、出口の見えないトンネルをさまよっていたような状態だったと思います。

予測できないことがたくさん起きて、思うように活動できない日もありました。応援してくださっている皆さまの期待に応えられてないんじゃないかなと思う日もありました。そして、メンバーの卒業、脱退も続きました。グループの名前が独り歩きして、耳をふさぎたくなるようなことに悩まされた日もありました。

欅坂46を好きだと思えば思うほど苦しくなり、もっとこうしなければならないと考えれば考えるほど執着が生まれたような気がします。

今、グループとして強くなるために、新しく入ってきてくれた2期生、新2期生、そして1期生の28名で、ここから新たにスタートを切り、もう一度皆さまとたくさんの夢をかなえていけるように頑張りたいと思っています。

そして、ここから強くなるために、今まで大切にしてきたことを今一度手放すことで、空いたスペースには本当に大事なものでまた満たされるんじゃないかなと思っています。

ここからのリスタートになるので、相当な茨の道が待っていると思います。でも、まだ色のない真っ白なグループを皆さんと一緒に染めていけたらいいなと思っています。

欅坂46で培った経験が、きっと私たちを鍛えてくれています。ですので、この経験を信じて、また新たに、強い強いグループになることを約束いたします。ですのでこれからも私たちに期待していてください。これからも私たちの応援、どうぞよろしくお願いします。(メンバー全員で「よろしくお願いします」と一礼)



 そして、副キャプテンの守屋茜が「最後にお届けする曲が、欅坂46ラストシングルになります。聴いてください」と紹介し、欅坂46の結成記念日の8月21日に配信リリースされる新曲「誰がその鐘を鳴らすのか?」を初披露した。

 同グループは2015年6月、乃木坂46に続く“坂道シリーズ”第2弾「鳥居坂46」1期生メンバーとして募集を開始。同年8月21日のオーディション最終審査で平手ら合格者22人を発表直後、いきなり「欅坂46」に改名すると発表した経緯があり、今回が“5年ぶり2度目”の改名となる。

 今回のライブ開催にあたっては、公式サイトで13日、「欅坂46より、皆さまへ重要なメッセージをお伝えする予定です」と予告され、4色からなるロゴも公開。欅坂46の緑、乃木坂46の紫、日向坂46の空色に加え、これまで使用されていないピンクが含まれていたことから、ネット上では「改名か!?」と騒然となった。

 さらに、きょう16日朝には、1期生13人、2期生9人、新2期生6人の総勢28人がブログを一斉更新。普段はほとんど更新しないメンバーも含まれていたことから、「#欅坂46」がトレンド入りするなど、予兆はあった。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。