欅坂46ラストシングルとなる1年半ぶり新曲「誰がその鐘を鳴らすのか?」を初披露 Photo by 上山陽介

 アイドルグループ・欅坂46が16日、昨年9月の東京ドーム公演以来10ヶ月ぶり、今年1月23日に“絶対的センター”平手友梨奈が電撃脱退して以来初となるライブを無観客&配信で行い、10月に開催予定のラストライブをもって欅坂46としての5年間の歴史に幕を下ろし、新グループ名で再出発することをキャプテンの菅井友香が発表した。ライブの最後には、欅坂46結成記念日の8月21日に配信リリースするラストシングル「誰がその鐘を鳴らすのか?」を初披露し、衝撃の配信ライブを締めくくった。チケット購入者は約9万人、総視聴者数は推定30万人にのぼった。

【ライブ写真】改名して再出発することをライブ終盤に発表した欅坂46

 今年に入ってからシングル8作連続でセンターを務めた平手が脱退、鈴本美愉、織田奈那、長沢菜々香が卒業し1期生4人が離脱。入れ替わるように、2月16日には坂道研修生から新2期生6人が配属されるなど、激動期を迎えている欅坂46の10ヶ月ぶりとなるライブは、“新生・欅坂46”28人全員で「太陽は見上げる人を選ばない」からスタートした。

 平手がセンターを担ってきたライブ人気曲「エキセントリック」は土生瑞穗、「アンビバレント」は小池美波、「大人は信じてくれない」は楽曲の世界観に最も近い最年少14歳の山崎天、「避雷針」は渡邉理佐がセンターを務め、クライマックスの「風に吹かれても」「ガラスを割れ!」は小林由依を中心に一丸となって、気迫のこもったパフォーマンスを見せた。

 最後の1曲を残したところで、キャプテンの菅井友香が「ここで私たちから皆さまにお伝えしたいことがあります」と切り出すと、「私たち欅坂46は、この5年間の歴史に幕を閉じます。そして欅坂46とは前向きなお別れをします。10月に予定している欅坂46のラストライブにて、欅坂としての活動に区切りをつけさせていただきます。そして、新しいグループ名となり、生まれ変わります」と発表。涙ながらに率直な想いを吐露し、メンバーの頬にも涙がつたった。

 「欅坂46で培った経験が、きっと私たちを鍛えてくれています。ですので、この経験を信じて、また新たに、強い強いグループになることを約束いたします。これからも私たちに期待していてください。これからも私たちの応援、どうぞよろしくお願いします」と5分45秒にわたるスピーチを締めくくると、8thシングル「黒い羊」(昨年2月発売)以来1年半ぶりにして、欅坂46としてのラストシングルとなる「誰がその鐘を鳴らすのか?」(8月21日配信リリース)を初披露した。

■欅坂46『KEYAKIZAKA46 Live Online,but with YOU!』
OVERTURE
01. 太陽は見上げる人を選ばない
02. エキセントリック
03. 東京タワーはどこから見える?
04. Student Dance
05. Nobody
06. アンビバレント
【換気タイム→質問タイム】
07. 大人は信じてくれない
08. 避雷針
09. 風に吹かれても
10. ガラスを割れ!
11. 誰がその鐘を鳴らすのか?(欅坂46ラストシングル)


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。