野沢雅子、古谷徹らによる1988年のノーカットTV放送版を初収録した『グーニーズ 』10月9日発売決定(C)1985 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

 1985年に劇場公開された不朽の名作『グーニーズ』が製作から35周年を迎えることを記念して、『グーニーズ 日本語吹替音声追加収録版 <4K ULTRA HD & HDデジタル・リマスター ブルーレイセット>』(初回限定生産)が10月9日に発売される。この商品には、“幻”ともいわれたノーカットTV放送版を初収録。待ち望んでいたファンへ、野沢と古谷よりメッセージも到着した。

【画像】『グーニーズ』場面写真

 『グーニーズ』は、製作総指揮スティーブン・スピルバーグ、監督リチャード・ドナー、脚本クリス・コロンバスが集って出来たキッズアドベンチャー映画の傑作。落ちこぼれ少年団「グーニーズ」の大冒険を、息を呑むアクション、目のくらむ特撮、心臓が縮み上がるスリルと共に描かれ、今でも根強いファンに愛されている。

 公開から35年の時を経て、このたび初の4K ULTRA HD化。さらにBlu-rayは4Kマスターを使用したHDデジタル・リマスター版となっており、あの頃の“わくわくドキドキ”が鮮やかに蘇る。

 そして、今回、藤田淑子、野沢雅子、古谷徹などが吹き替えをして、1988年にノーカットでテレビ放送された“神バージョン”を初収録。これまでのソフト版の日本語吹替音声も同時収録されるので、聴き比べてそれぞれの良さを味わうこともできる。

 初回限定生産は、アウターケース仕様に、あのMAPが付いてくる。さらにAmazon.co.jp限定版はスチールブック仕様に加え、オリジナル刺繍ワッペン&缶バッジセットが付く。

■野沢雅子(マウス役:コリー・フェルドマン)
 吹替版を楽しみにされている方がいてくださるのは、本当にありがたいと思います。同じ映画でも、年齢によって見方が変わってくると思うので、できればぜひこの作品もみなさんの手元に置いていただきたいですね。10年、20年経って観れば思い出すこともあるでしょうし、結婚して親になったとき、30代、40代の方は歳を重ねて60代となったときにまた時を経て折々で観ていただけると、とてもうれしいです。

■古谷徹(ブランド役:ジョシュ・ブローリン)
 この作品は、ハラハラ、ドキドキの連続で先が読めないストーリー展開、個性的な子供たちのセリフの面白さ、子供ならではの知恵と勇気と友情の大冒険が時代を超えて愛されている理由だと思います。残念ながら、今や絶対に再現できない、レジェンド声優たちによる吹替版の魅力をぜひ、堪能していただきたいです。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。