JR四国は16日、高松駅の自動券売機で、購入枚数より多く切符が発券され、料金を過大に徴収するミスが3件あったと発表した。5月29日に券売機の部品を取り換えた際、「大人1枚、こども1枚」を押すと「大人2枚、こども1枚」と誤って認識する設定になっていた。

 今月12日に利用者が気付き、同社が調査したところ3件で計1260円を過大に徴収していた。

 問い合わせは高松駅<電087(825)1702>。